野党共闘で、特定秘密保護法廃止の全駅同時街宣を行い、また都知事選・名護市長選に臨んでいただきたい

民主党御中
民主党東京都総支部連合会御中

 公約違反の辺野古埋め立て承認を行った仲井眞弘多沖縄県知事の決定を歓迎されたことに続き、市民によるデモをテロと同一視した石破茂・自民党幹事長と貴党の前原誠司・元代表が列車模型を手に特定秘密保護法案の強行可決から間もない新年早々に対談する図も驚きですが、舛添要一氏が貴党の中で都知事候補として推されることも驚きです。

 特定秘密保護法案の強行可決に続き、今年は集団的自衛権を認める戦争手続き法の国家安全保障基本法案が提案され、立法壊憲で憲法が停止されかねない瀬戸際です。この時期に貴党から公表されてしかるべき力強い方針が一向に出てきません。

 確かに貴党は特定秘密保護法(与党原案)が民主主義を危機に陥れるという論調を取りましたが、民主主義の土台は知る権利と表現の自由だけではありません。しっかりした参政権(選挙権と立候補権)が揃って初めて議会制民主主義における基本的人権が保障されます。表現の自由にしても既に選挙運動では著しく制限されていますが、公選法改正を声高に主張されないのはなぜでしょうか。

 民意に反する特定秘密保護法の強行可決に道を開いたのは小選挙区制による自民の偽装勝利でした。自民の延命と自公の選挙協力のためのスキームとして機能することに終わった小選挙区比例代表並立制について、貴党からはまったく総括が聞こえてきません。

 このように民主主義の土台としての参政権という基本的人権に対する思い入れの強度が政党にしてもメディアにしても有権者にしても頼りないこの国で、民主主義が実現していない中で、特定秘密保護法が民主主義を破壊するとの主張に迫力がなく、政権与党の企てを跳ね返すことができなかったのは、当然というべきです。

 立法壊憲にどう立ち向かうのか、この国の民主主義をどう確立するのか、ぜひ展望をお示しください。2014年以降の政治に求められているのは、民主主義革命といっていいくらいのものでしょう。

 それくらいの政治目標を掲げ、特定秘密保護法案に反対した他野党と連帯して、国会だけでなく都知事選や名護市長選などで壊憲勢力と対決することが貴党に求められているはずです。秘密保護法案の成立阻止に何らの積極的な活動をしていない舛添氏を都知事候補に担ぐなど論外です。前原氏は石破氏にケンカをしかける新春対談をすべきでした。鉄道談議とは…

 秘密保護法廃止法案を提案するだけではどうにもなりません。例えば千葉県松戸市では特定秘密保護法案成立阻止の全駅同時街宣を行った政党があります。まずは他野党と共同での都内全駅同時街宣を提案します。これを全国に拡大してください。市民も同じ目標に向かって動いています。

 また民主主義改革一括法のような形で、秘密保護法廃止法案と同時に公選法改正案も提案し、政治争点を明瞭に提示すべきでしょう。

 貴党の名にふさわしく民主勢力 vs 不自由非民主勢力という対決構図を全国総力戦で可視化していきましょう。

2014年1月7日

「平和への結集」をめざす市民の風

(同日、ファクスで送付)

WordPress database error: [Table './kaze_2/wp_comments' is marked as crashed and last (automatic?) repair failed]
SELECT * FROM wp_comments WHERE comment_post_ID = '521' AND comment_approved = '1' ORDER BY comment_date

Comments are closed.